プレミアム風俗デー

女の子に慣れたのは風俗のおかげ

女の子の存在に慣れることが出来たのは、結局の所風俗の影響が大きいんじゃないのかなって思っています。風俗で遊んでいると、女の子の存在が当たり前と言うか、裸の女の子と楽しむんです。ちょっとやそっとでは緊張なんてしなくなるんじゃないのかなって思いますよ(笑)むしろそれがとても楽しいというか、裸でのトータルコミュニケーション。それが風俗ってものじゃないですか。だから風俗でのプレイに慣れると、普通の女の子相手にはそうそう緊張するようなものではなくなるってことも分かるんじゃないのかなって思いますけどね。実際、風俗で遊ぶようになってから、会社の同僚や後輩相手に緊張することもなくなりました。客観的に考えて風俗嬢の方が美人だし、さらには裸の付き合いをしている以上、服を着ている女の子相手に緊張する理由なんてありません(笑)つまりはじぶんの好きなように楽しめるってことだと思いますので、すべては風俗のおかげですよ。

結論はソープなのかも

これまで何回風俗で遊んだのかなんてカウントしたことないくらいお世話になっていますけど、ソープが一番かなと思うようになってきましたね。ソープは他の風俗が超えられない壁を越えているものじゃないですか。だから単純に遊んでいて楽しいと言うのもあるんですけど、単純に考えて風俗の中でソープの存在だけが突出していると言うか、それ以外は言わばお口、あるいは手。これもこれで楽しいんですけどやっぱり男の本能はそこでは本当の意味で発散させることは出来ないんじゃないのかなって思うんですよね。どうしてもそこから先を求めてしまうお客も多いみたいじゃないですか。風俗店に行くと大抵そういった張り紙の注意書きもありますしね(笑)だから、それなら初めからソープにしておいた方が良いんじゃないのかなと言うのが自分の結論なんです。ソープであれば好きなだけ求めていることが出来るし、基本的には女の子のおもてなしもしっかりしたものなんですし。